乃木坂46の高山一実さんが書かれた小説「トラペジウム」が累計13万部を超えたそうです。

バラエティー番組などでは、いつも元気で明るい高山一実さんですが、小説の才能もあったんですね!!





ところで、この13万部って、中身が評価されてなのか乃木坂の高山一実さんということだけで売れているのかどちらなんでしょう?!


昨年11月28日に発売された乃木坂46の高山一実(24)の小説デビュー作「トラペジウム」(KADOKAWA刊)が、5万部増刷され、累計13万部を突破したことが9日、分かった。  アイドルを目指す女子高生の10年の奮闘を描いた青春小説。オリコン文芸書ランキング(11月26日~12月2日)で1位を記録し、年末年始には完売店が続出。同社によると、大手取り次ぎ会社のシステムで実売率が100%を超える状況となっている。  異例の快挙に、高山が本好きになるきっかけになったベストセラー小説「告白」の著者の湊かなえさんから「自分が作った扉から小説の世界に入ってきた方が、新しい扉を開いてくれる。これ以上、小説家として嬉しいことはありません」とコメントが寄せられ、10日店着の重版分から帯に掲載される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000096-sph-ent より引用


こちらの記事でも中身の評価・評判については、書かれてないんですよね。。。

帯にコメントを寄せられた湊かなえさんも高山一実さんについて書かれていて、中身については・・・



ちなみトラペジウムとは、オリオン大星雲の星生成領域で生まれた比較的若い星による星団だそうです。