アンナチュラル 第八話 「遥かなる我が家」のあらすじは、


雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。ミコト(石原さとみ)、中堂(井浦新)らUDIメンバーは、ヘルプとして来た坂本(飯尾和樹)の手も借りながら次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。 一方で、神倉(松重豊)は将棋の師匠として慕っているごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。彼の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されたが、今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否しているのだった...。 解剖の結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか...?と疑念を抱く。 また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る...!!

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep8.html より引用

9番目のご遺体が後頭部に殴打の後は、バックドラフトで転倒したため縛られていたような跡は、ある男性がみんなを助けるためにおんぶするためにロープを掛けていた為に出来たためと分かりました。

この救出を試みた男性は、犯罪を犯して刑務所に服役していた過去があり、田舎の両親は息子の遺体を目の前にしても詰るだけでした。


しかし 後にこの男性は、犯罪を犯して田舎に帰れなくなったこと、田舎の父母を懐かしんでいたことが分かり、前述のようにこの男性は、父親から教えてもらった救出方法でみんな助けようとしていたことを知る父母の悲哀が涙を誘いました。

ミコト達の縛られて後の原因究明によりこの男性の郷愁が儚かったです。