So-net無料ブログ作成

ドラマ アンナチュラルのカテゴリ記事一覧

おっさんのくだらない日記です。

カテゴリ:ドラマ アンナチュラル

ドラマ アンナチュラルのカテゴリ記事一覧。おっさんのくだらない日記です。

2019-01-18ドラマ アンナチュラル
アンナチュラル 第十話 「旅の終わり」のあらすじは、中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭..

記事を読む

2019-01-16ドラマ アンナチュラル
アンナチュラル 第九話 「敵の姿」のあらすじは、空き家に置かれたスーツケースの中から若い女性の遺体が発見された。ミコト(石原さとみ)が遺体を確認すると、中堂(井..

記事を読む

2019-01-15ドラマ アンナチュラル
アンナチュラル 第八話 「遥かなる我が家」のあらすじは、雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。遺体は黒く焼けこげていて、全員が身..

記事を読む

アンナチュラル 第十話 「旅の終わり」の感想

アンナチュラル 第十話 「旅の終わり」のあらすじは、


中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭。 しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。殺人を立証できる証拠もなく、ミコト(石原さとみ)たちは歯がゆさを感じながらも、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続ける。 そんな中、六郎(窪田正孝)がUDIの情報を週刊誌にうっていたことがメンバーに知られ、UDIに崩壊の危機が訪れる…!赤い金魚殺人事件の全容がついに明かされる

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ より引用

いよいよ 犯人が分かりましたが、殺人の立証が困難で、ミコト達が頭を抱える中、中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)がアメリカ・テネシー州で火葬されずに、エンバーミングされて土葬されていることがわかる。

そのご遺体をアメリカから取り寄せて、遂に殺人の証拠を見つけ出すことに成功!!


ちょっとハラハラする展開でした。

夕希子(橋本真実)の形見 ピンクの豚の絵が、とても物悲しく見えてしまいました。

夕希子(橋本真実)の父役 国広富之さんが、中堂さんに対して「夕希子の旅は終わったけど、あなたは生きてください」の言葉と同時に米津玄師のLemonが流れ出すときは、グッと来てしまいました。


アンナチュラル、再放送でやっと見させていただきましたが、いいドラマでした。

さすが、昨年 数々の賞を受賞したのが分かりました。




アンナチュラル 第九話 「敵の姿」の感想

アンナチュラル 第九話 「敵の姿」のあらすじは、


空き家に置かれたスーツケースの中から若い女性の遺体が発見された。 ミコト(石原さとみ)が遺体を確認すると、中堂(井浦新)の死んだ恋人・夕希子(橋本真実)と同じ“赤い金魚”の印が口内から見つかったーー! “赤い金魚”が口の中に残されていたご遺体は、夕希子を含め過去に3体。 UDIは“赤い金魚”のあるご遺体は、同じ犯人によって殺された可能性が高いと毛利刑事(大倉孝二)に訴えるが、正式な証拠がないと訴えを却下される。 それでもミコトたちは犯人に繋がるヒントを見つけるため、スーツケースの中から見つかった女性を解剖し死因究明を進める。 ミコトは胃の内容物が、強烈な腐敗臭を放っていることに違和感を覚える。果たして女性の死因とは何なのか…? その一方で、神倉(松重豊)は過去に週刊ジャーナルに掲載されたUDI関連の記事を見て、ある疑念を抱く…。 さらに警察庁を訪れた神倉は、驚くべき記事を目にすることに…! そしてミコトと中堂は、とある証拠を発見し事件は急展開を迎える!

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep9.html より引用


いよいよ 中堂(井浦新)さんの恋人を殺した犯人に近づいてきました。

スーツケースの中に女性の遺体の口の中には、中堂さんがずっと探していた「赤い金魚」が、、、、


死因は、フォルマリンを注射されたことによる中毒症状と判明。

犯人も不動産会社の社長が浮上・・・


そして六郎が週刊ジャーナルに内通していたことも判明・・


すべての話が一気に前に進み始めました。

中堂さんが感情を抑えながらも爆発してしまいそうな、でも切ない・・・

第十話が楽しみな展開となってきました。




アンナチュラル 第八話 「遥かなる我が家」の感想

アンナチュラル 第八話 「遥かなる我が家」のあらすじは、


雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。ミコト(石原さとみ)、中堂(井浦新)らUDIメンバーは、ヘルプとして来た坂本(飯尾和樹)の手も借りながら次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。 一方で、神倉(松重豊)は将棋の師匠として慕っているごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。彼の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されたが、今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否しているのだった...。 解剖の結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか...?と疑念を抱く。 また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る...!!

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep8.html より引用

9番目のご遺体が後頭部に殴打の後は、バックドラフトで転倒したため縛られていたような跡は、ある男性がみんなを助けるためにおんぶするためにロープを掛けていた為に出来たためと分かりました。

この救出を試みた男性は、犯罪を犯して刑務所に服役していた過去があり、田舎の両親は息子の遺体を目の前にしても詰るだけでした。


しかし 後にこの男性は、犯罪を犯して田舎に帰れなくなったこと、田舎の父母を懐かしんでいたことが分かり、前述のようにこの男性は、父親から教えてもらった救出方法でみんな助けようとしていたことを知る父母の悲哀が涙を誘いました。

ミコト達の縛られて後の原因究明によりこの男性の郷愁が儚かったです。




Copyright © おっさんのボソッと All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。